Microsemi
Adaptec maxCache Plus Solutions

maxCrypto

データ保護は最優先事項です。顧客の基幹業務データ保護に関して妥協を怠らないことは、現代のストレージソリューションにとって必須要件です。

暗号化ストレージソリューションは、現在、医療、金融、また企業ストレージビジネスの全体の割合を顕著に表す政府機関市場においてセキュリティ要件となっています。ドライブごとに複数のデータ暗号化キー(DEK)を使い、保存データを暗号化する必要があるマルチテナントクラウド環境にとっても新たに必要となっている要件です。コントローラベース暗号化(CBE)は、これらアプリケーションでの代替ソリューション以上に意味を持つ利点を提供します。

Microsemiの革新的maxCrypto™コントローラベース暗号化テクノロジは、 Microsemiで入手可能、SmartROC 3100 またSmartIOC 2100コントローラは 業界で最初に利用可能なアダプタ 12 Gbps SmartRAID 3162シリーズ RAIDアダプタで入手可能です。SmartRAID 3162-8i /eは、最高度のI/O接続性と、低レイテンシを必要とするデータセンタに、最も安全で高性能なソリューションを提供します。MaxCrypto™ 顧客機密データが暗号化され、インライン暗号化256 bit AESで保護されていることを保証します。特定のコントローラに接続された独自のmaxCrypto™ が取り除かれるとすぐに、データは読み取り不能になります。当社の maxCrypto 暗号化ホワイトペーパー  をダウンロードしてmaxCryptoコントローラベース暗号化とMicrosemi Adaptec 3162-8i /eについてさらに詳しく学ぶ。

コントローラベース暗号化ドライバの優れたセキュリティと柔軟性
コントローラベース暗号化(CBE)は、セルフ暗号化ドライブ(SED)と比べ、操作上の複雑さや費用を削減でき、セキュリティを向上し、さらなる柔軟性を可能にします。暗号化されていないデプロイと比べても、性能への影響は事実上ありません。

構造上の利点
  • 全ディスクメディアをサポート(HHD、SSD)
  • 起動ボリュームを可能にするキー管理への起動前サポート
  • 独立OS
  • アダプタレベルでコンプライアンスのテストは実行できます

解析画像をダウンロード »
スケール可能な企業ソリューション
  • ボタン一つで、ローカルにまたは遠隔にキー管理
  • 性能への影響なし
  • 全保存データ(256 XTS-AES暗号化; FIPS 140-2 遵守)
  • どの標準サーバ/ストレージアプライアンスでもデプロイが可能
シームレスなオペレーション
  • どのRAIDボリュームやシングルドライブRAID0でもサポ―ト済み
  • HBAデバイスの拡大は実行可能
  • SASドライブ(フルユースケース)/SATAドライブ(制限ユースケース)