Microsemi
Adaptec maxCacheソリューション

maxCache ソリューション

アプリケーションの加速を最適にするキャッシングソリューション

Microsemi Adaptec® maxCache 4.0 キャッシュメモリテクノロジーは、市場で最も最適化されたサーバーストレージソルーションを実現します。

MaxCache テクノロジーは現在第4世代、アプリケーション性能を高速化し、総保有コストを削減したSSDキャッシングソルーションです。Microsem Adaptec maxCache テクノロジーは、ソリッドステートストレージドライブ(SSDs)をキャッシュとして構成することができ、アクセス頻度に基づいてデータを優先し、最も頻繁にアクセスのあるものをこの「キャッシュ」プールに配置します。データはその後キャッシュ(vs HDDs)から取り出すことになり、性能がアップします。第1世代製品は、読み取りの多いアプリケーションについて大幅な性能アップを実現しました。製品にライトキャッシュメモリのサポートを加え、より幅広いアプリケーションワークロードへのSSDキャッシング性能へと進化しました。さらに、SSDプールをキャッシュおよび論理ストレージの両方として使用できるARCのOptimized Disk Utilization (ODU)を導入することで、製品はさらに強化されました。第4世代maxcacheは現在、ストレージおよび性能に向けたSSDsの最適化によりさらなる進化をとげました。

maxCache 4.0の主な優れた点:

Microsemi Adaptec SmartRAID 3100 with ASCM-35F
  • HDDベース論理ドライブに大型キャッシュとしてSSDsを使用し加速化
  • HDDsの高容量プールにSSD性能を実現
  • キャッシュメモリの使用がホストに透明
  • maxCacheマッピングデータはコントローラDDRで管理
  • リードキャッシュメモリの使用(ライトスルー)およびライトバックキャッシュメモリの使用をサポート
  • キャッシュプールごとに1 TBのSSDキャッシュをサポート
  • すべてのキャッシュプールの合計サイズは1.7TB
  • LD/RAIDアレイごとの有効化/無効化が可能

SSDsの制限を抑えながら優れた点を利用したmaxCache SSD Cachingは、通常のSASと比較してリード&ライト操作について8倍高速のサーバー性能を実現しています。

maxCache 4.0 SSD Caching

maxCache テクノロジ搭載の Microsemi Adaptec RAID アダプタ :

SmartRAID 315x-xx
  • ASR-3154-24i with maxCache 4.0 and integrated cache backup
  • ASR-3154-16i with maxCache 4.0 and   integrated cache backup
  • ASR-3154-8i with maxCache 4.0 and  integrated cache backup
  • ASR-3154-8e with maxCache 4.0 and  integrated cache backup
  • ASR-3152-8i with maxCache 4.0 and h integrated cache backup
  • ASR-3151-4i with maxCache 4.0 and  integrated cache backup
Series 8
  • ASR-81605ZQ with maxCache3.0 - Flash backup circuitry built into the adapter (no need for daughter board)
  • ASR-8885Q with maxCache3.0 - AFM-700 included