Microsemi
Adaptec 8 ファミリ

8Eシリーズ FAQ

よくある質問

目次

 

Microsemi Adaptec の 8E シリーズと 8 シリーズと 8Q シリーズの違いは何ですか?
RAID アダプタの Microsemi Adaptec 12 Gbps 8 シリーズファミリーは、広範囲にわたるストレージ要件を満たすように設計されています。

8E シリーズ:このファミリーの最新メンバーは、RAID 0、RAID 1、RAID 10、またはハイブリッド RAID を採用したエントリレベルのサーバとワークステーションのための、 4台または8台のデバイスの直接接続をサポートできる 4 ポートまたは 8 ポート構成で、価格とパフォーマンスの理想的な組み合わせを提供します。

8Q シリーズ:この 16 ポートアダプタは、Microsemi Adaptec maxCache 3.0 のリード/ライト SSD キャッシュにより、高いパフォーマンスを要する広範なアプリケーションワークロードに対して、SSD キ ャッシュのパフォーマンスを内部または外部接続の構成で最適化が。弊社の AFM-700 フラッシュベースのキャッシュ保護モジュール(ドーターボードおよび Supercap)を内蔵し、即時にバッテリ不要のキャッシュ保護を実現します。Microsemi の Adaptec 81605Z/ZQ 固有のフラッシュバックアップ回路が基板に組み込まれており、SuperCap も同梱されています。

8 シリーズ:これらの RAID アダプタは、16 ポートのロープロファイル/MD2 フォーマットを含む 4 種類の固有設定で利用でき、高いパフォーマンスと最高の接続性を実現します。基本 RAID に加え RAID 5、RAID 50、RAID 6、RAID 60 を含めた完全な RAID 機能セットをサポートし、エクスパンダを通じて最高 256 台のデバイスをサポートします。

8E シリーズに最適なアプリケーションとその理由は何ですか?
8E シリーズのアダプタは、価格、フォームファクターまたはホスト接続性の観点から 8 シリーズのアダプタが適さず、基本的な RAID 0、RAID 1、RAID 10 が十分である、エントリレベルのサーバプラットフォーム、ワークステーション、業務用パソコンに最適です。

エントリレベルのソフトウェア RAID と比較して、8E シリーズのハードウェア RAID の利点とは何ですか。
一般的に、エントリレベルの RAID アダプタにはいくつかの欠点があります。RAID がソフトウェアのみに実装されており、堅牢性が制限されたり、DRAM キャッシングがサポートされないためパフォーマンスが制限されたりします。Adaptec 8E シリーズの SATA/SAS RAID アダプタは、ハードウェア RAID を特長としており、Adaptec 8 シリーズ RAID コントローラとして同じ「Adaptec RAID コード」(ARC)を実行します。ドライバ、BIOS、ストレージ管理ツールもシリーズ 8 アダプタのものと同じですので、追加のトレーニングは不要です。ハードウェア RAID は、Linux 向けのオープンソースドライバとその他のオープンソースOS(オペレーティングシステム)を通じて有効化され、RAID タスクの実行にはホスト CPU サイクルとメモリ帯域幅を必要としません。

オンボードキャッシュの利点とは何ですか?
RAID アダプタがリード/ライトリクエストに最も早く対応できる方法とは、キャッシュからデータを出して提供するという方法です。精通したネットワーク管理者であれば、RAID アダプタキャッシュの有効化によりパフォーマンス上の大きな利点(I/Oリクエストの待ち時間の短縮、先読み機能、キューが短いときにソフトウェアアプリケーションの制限を超える高パフォーマンスなど)があることを知っています。

ハイブリッド RAID とは何ですか?
ハイブリッド RAID アレイとはソリッドステートドライブ(SSD)とハードディスクドライブ(HDD)によるミラーリングであり、高速 SSD からリード処理、そして SSD と HDD の両方でライト処理を実行することにより、標準的なHDD RAID アレイに比べパフォーマンスを飛躍的に向上させます。その結果、ライトI/Oパフォーマンスを大きく低下させることなく1秒当たりのリード処理数を増やし、オペレーティングシステムと実行中のすべてのアプリケーションに関する完璧な透明性が確保されます。SSD と比較して、より低コストなソリューションを提供できるのは RAID だけです。

8E シリーズの製品がサポートしている RAID レベルはどれですか?
8E シリーズ RAID アダプタファミリは標準的な RAID レベルである 0 と 1 と 10 をサポートしています。コピーバックホットスペアもサポートしており、ユーザーはホットスペアの物理的な固定位置を指定し、管理性を改善することができます。

サポートされているオペレーティングシステムはどれですか?
8E シリーズファミリは、Windows、Linux、VMware、Solaris、FreeBSD.など多くのオペレーティングステムをサポートしています。利用可能なオペレーティングシステムとドライバの一覧については、サポートサイトをご参照ください。

8E シリーズにはどのような管理ユーティリティが含まれていますか?
Microsemi Adaptec maxView ストレージマネジャー™は、すべての Microsemi Adaptec RAID 製品を集中管理できるワンビューユーティリティです。Microsemi Adaptec maxView ストレージマネージャは、暗号化された安全な通信を通じて、ネットワーク全域の RAID 管理、モニタリング、設定を可能にします。

ARCCONF(コマンドラインインターフェース – CLI) - テキストベースのコマンドラインインターフェース。GUI を使用できない環境において、Microsemi Adaptec ストレージマネージャと同じ機能を提供します。これには、電子メール通知の送受信を行う、Vmware での SMI-S サポートが含まれます(Linux では Adaptec 電子メール通知クライアントが必要です)。

イベントモニタ – /var/log/メッセージなどの OS ログへのアダプタイベントの保存、電子メールによる障害事前通知を行います。

Vsphere プラグイン:VMWare vsphere™ を通じて RAID のステータスと設定に関する情報を提供します。

8E シリーズファミリにはどのような互換性がありますか?
8E シリーズアダプタは SATA および SAS デバイスをサポートしており、 8 シリーズアダプタと同じシステム、マザーボード、バックプレーン、デバイスとの使用が承認されています。8E シリーズアダプタは、基本的なサーバ、高性能ワークステーション、または業務用パソコンで典型的に使用される、エントリレベルのサーバープラットフォーム、ワークステーション、マザーボード用のストレージデバイスを用いて、徹底的に試験されています。

Microsemi Adaptec の 8E シリーズは、既存の 7 シリーズと 6 シリーズ製品と互換性がありますか?
あります。8E シリーズ(12Gbps)には、旧来の 6 Gbps タイプ、つまり7 シリーズ、7E シリーズ、6 シリーズ、6E シリーズと完全な互換性があります。既存の RAID アレイは、これらのアダプタシリーズから 8E シリーズに移行できます(その逆も可能)。

8E シリーズ RAID アダプタファミリの保証期間を教えてください?
8E シリーズ RAID アダプタは、現在そして将来にわたり、最大限の互換性を提供できるように、サードパーティのシステムを使用し、広範囲な試験を行っています。各アダプタには、3年間保証と業界屈指の Adaptec テクニカルサポートがついています。

Products | Applications | Company | Careers| Investors | Survey | Privacy Policy | Terms & Conditions | Product Disclaimer | Terms of Use

Copyright © 20186 Microsemi Corporation. All rights reserved. The Microsemi logo is a registered trademark of Microsemi Corporation.