Microchip
Adaptec HBA Series 1100 Family

HBA 1100 シリーズFAQ

よくある質問

製品および機能
» Microsemi Adaptec HBA 1100は以前のMicrosemi HBAとどう違うのですか?

HBA 1100はSmartIOC 2100 SAS/SATAプロトコルコントローラに基づいており、その幅広く配備されたスマートストレージスタックにより企業回復力を実現します。旧世代よりも消費電力が40%以上削減され、競合ソリューションよりも省エネ面ではるかに有利です。HBA 1100アダプタは、6.6 GbpsでデバイスのパフォーマンスをPCle Gen3ホストバスの限界まで集約させ、SATAデバイスでオーバーヘッドやレイテンシを追加することなく、最大1.7MのIOPSとそのパフォーマンスの60%上昇を実現できます。

HBA 1100シリーズは新しいデバイスや新たな用途に対しても最適化されます。SMR HDDとそれらのコマンドセット(SAS/SATA SMRドライブ用ZAC/ZBC)をサポートし、大容量/コールドストレージアプリケーションに経済的なソリューションとなっています。最新のSAS/SATA SSDもサポートしています。HBA 1100はMicrosoft Storage Spaces Direct、VMWare vSAN、OpenStack Swift/Cephなどのソフトウェア定義ストレージソリューションにも最適です。

» HBA 1100製品ラインにはどのようなモデルが含まれていますか?

HBA 1100製品ラインは5つの特殊モデルで構成されています。どの製品にも、コンパクトMD2フォームファクタに同一の8レーンPCle Gen 3ホストインターフェースがあり、一連の共通ソフトウェア、ドライバ、ツールも搭載されています。モデルごとにSAS接続アプリケーションが異なります。24、16、8、4ポート向けの内部コネクタ構成が4つと、外部8ポート構成が1つあります。

» HBA 1100は競争力のある製品と比較するとどうですか?

HBA 1100は、高度に統合され電力が最適化されている28nmのSAS/SATAストレージコントローラ「SmartIOC 2100」を搭載しており、x8 PCIe Gen 3 SAS-3の優れたHBAに対応できる業界最低の電力ソリューションです。さらに、スマートストレージスタック本来の能力の質と簡便性が存分に発揮されます。

» HBA 1100の性能について教えてください?

HBA 1100シリーズは次世代データセンタにも対応可能な最高のストレージパフォーマンスとスケーラビリティを提供しています。低レイテンシのソリッドステートドライブ向けに最適化されたこの新しいSmartPQIホストOSデバイスドライバを使用すれば、HBA 1100アダプタにより、6.6 GbpsでPCle Gen3ホストバスの限界までデバイス性能を集約させて、最大1.7M IOPを実現できます。

» 1つのシステムで対応できるHBAの数に限界はありますか?

レガシーBIOSは最大4つのコントローラに、uEFIは最大64のコントローラに対応できます。

» HBAは、同一HBAでの6Gbデバイスと12Gbデバイスの併用に対応していますか?

HBAは、6Gb/sと12Gb/sのSASデバイスの併用に対応できます。ただしこれは、最適という観点からはお勧めできません。速度が異なるデバイスを併用すると、同様の性能特性を確保するためにアプリケーションでデバイスの論理的なグループ化が期待されるため、速度が遅いターゲットの制限により性能問題が発生する可能性があります。

» サポートされているオペレーティングシステムを教えてください ?

Microsoft Windows、Red Hat、SuSE、CentOS、Ubuntu、VMware ESXi、FreeBSD、Solaris、Citirix XEN Server最新のドライバと OS サポートについては、storage.microsemi.com/ja-jp/support/ をご覧ください。

» HBA 1100にはどのような管理ユーティリティがありますか?

maxViewストレージマネージャはウェブベースユーティリティで、暗号化された安全な通信を通じたリモートによる管理、監視、構成を可能にし、さらに、SMI-S経由でサードパーティクライアントと簡単に統合できます。

ARCCONF(コマンドラインインターフェース - CLI):テキストベースのコマンドラインインターフェースで、GUIを使用できない環境でもmaxViewストレージマネージャと同じ機能を使用できます。

uEFI/HII support:HII (ヒューマン・インターフェースイン・フラストラクチャ)は、サードパーティ構成ツールをマザーボードシステムBIOSに統合できるAPIです。

BIOS構成ユーティリティ(ACU):OSを起動することなくすばやく簡単にローカルセットアップを実施できます。

» HBA 1100の保証期間について教えてください?

HBA 1100ファミリーを構成する全製品には、材料の欠陥や出来映えの欠陥に対して、3年間の保証がついています。ご購入日から2年間は無料技術サポート期間となります。お客様はこの2年間、技術サポートを無料で受けることができます。

» HBA 1100製品はいつどこで入手できますか?

各製品の発売スケジュールに合わせてOEM製品を多数ご用意する予定です。2015年12月末までに、世界中のMicrosemi Adaptec販売店で購入いただけるようになります。販売店のリストはこちらで確認できます。

アプリケーション
» HBA 1100に最適なアプリケーションとその根拠を教えてください

HBA 1100 シリーズは、「純粋な」接続性を確保しつつ、ホストとストレージデバイス間のパフォーマンスを制限しないように設計されており、新たなデバイスと新たな用途に対して最適化もされます。また、SMR HDDとそれら専用のコマンドセット(SAS/SATA SMRデバイス向けZAC/ZBC)に対応しており、ワームとコールドのスト―レージアプリケーションに対してコスト効率の高いソリューションを実行できます。最新のSAS/SATA SSDもサポートしています。HBA 1100はMicrosoft Storage Spaces Direct、VMWare vSAN、OpenStack Swift/Cephなどのソフトウェア定義ストレージソリューションにも最適です。

» HBA 1100ファミリーの互換性について教えてください

HBA 1100はSAS 3.0とPCIe 3.0の両方に対して互換性がありますが、 システムアプリケーションが複雑になることがあり、固有の製品を入手できます。HBA 1100ファミリーとの互換性が確認されている製品のリストが、www.adaptec.com/en-us/support/compatibility/に掲載されています。

» このようにポート数が多い構成に対する特有のコネクタ要件がありますか?

HBA 1100の12Gb/s SASポートへの接続に関する特有のケーブル要件はありません。HBA 1100の全モデルがSAS 3.0規格のコネクタのコールアウトに準拠しています。内部接続にはSFF 8643コネクタ、外部接続にはSFF8644コネクタを採用しており、いずれも総じて「HD Mini」SASコネクタと呼ばれています。 Microsemi Adaptecシリーズ8のRAIDコントローラで使用しているケーブルと、SmartRAIDとSmartHBAもすべて、HBA 1100との互換性があります。Microsemi Adaptecケーブルのリストはこちらで確認できます。

» HBA 1100はLinuxオペレーティングシステムの対応インボックスですか?

はい。HBA 1100は、最も人気の高いLinuxオペレーティングシステムの対応インボックスです。

» 既存の6Gb/s SATA SSDとともにHBA 1100を使用するとどうなりますか?

明らかに、6Gb/s SASに対するHBA 1100の下位互換性により、SATAインターフェースを搭載した「価値」ベースのSSDに接続することもできます。Microsemi Adaptec 82885Tと組み合わせると、「エッジバッファリング」により、システムに接続できる有効な6Gb/sデバイスの数がほぼ2倍になります。HBA 1100により追加のデバイス性能をPCIe限定性能にまで拡張できます。

Products | Applications | Design | Training | About | Contact | Legal | Privacy Policy | Investors | Careers| Support

©Copyright 1998-2020 Microchip Technology Inc. All rights reserved.