Microsemi
ホーム > 製品 > HBA 1000 > FAQS
Microsemi Adaptec HBA 1000

HBA 1000シリーズ FAQ

よくある質問

目次

 

製品 & 機能

Microsemi Adaptec HBA 1000シリーズはこれまでのAdaptec HBAとは何が違いますか?

新しいHBA 1000シリーズは、Microsemi SmartIOC ASIC技術による高いパフォーマンスレベルと共に、より高い性能の12Gb/秒SASストレージインターフェースを備えており、2014年にMicrosemiがライセンスしたHP SmartアレイのIPを組み込むんだ最初の製品です。これらの重要な要素の収束がパフォーマンスに革新をもたらし、共通のAdaptecドライバと管理ツールにより、将来のMicrosemi Adaptecストレージ製品の使い易さを保証します。

HBA 1000シリーズの製品ラインアップには どのようなモデルが含まれていますか?

HBA1000の製品ラインアップには5つのモデルで構成されています。その全てが、コンパクトなMD2形状のx8レーンPCIe Gen3ホストインターフェイスで、共通のソフトウェア、ドライバ、およびツールのセットを持っています。モデルの違いはSAS接続の用途にあります。HBA 1000-8iとHBA1000-8eは、それぞれ内部8および外部8ポートのモデルです。HBA1000-16iとHBA1000-16eは それぞれ内部16および外部16ポートのモデルです。HBA1000-8i8eは内部8と外部8ポートとを組み合わせたモデルです。

HBA 1000シリーズは 前に発表された競合製品と比較してどうですか?

これまで発表されたすべての12Gb/秒HBAは最高レベルでPCIeGen3とSAS3標準プロトコルに準拠しています。その中において、HBA1000には価格優位性という違いがあります。しかし、見識のあるお客様に対する第2レベルの違いには、より説得力があります。よりポート数の多いHBA 1000-16iとHBA 1000-16eでは、1チップのMicrosemi ASICデザインの優位点を提供します。この結果、HBA 1000シリーズはすべてロープロファイルMD2形状を実現し、そのより小さなサイズにより、最も幅広いアプリケーションへの実装を可能にする柔軟性を提供します。また低消費電力化による発熱の削減はホスト冷却システムへの負荷を低減し、全体的な動作温度を低下させて、すべてのシステムコンポーネントの信頼性に利益をもたらします。

HBA 1000シリーズのパフォーマンスはどのくらいですか?

ほとんどのシステムにおいて観察できるパフォーマンスは、実際のシステムで使用時のHBA 1000とは大部分が無関係です。接続デバイスの数が少ない場合は、通常はデバイス自体の性能に左右されます。非常に高速、または多数の低速デバイスの場合は、PCIeバスかホストの要求に制限されます。PCIe最大理論値の約85%で、サステインドデータ転送レートが 6.8MB/秒。または4KブロックサイズのI/Oにて130万のトランザクション。これが実際の値です。個々のデバイスが追加されるとパフォーマンスはこれらの限界に向かってリニアに増加していきます。

HBA 1000シリーズの消費電力が競合製品よりも平均で60%も低いというのはどういうことですか?

優れた拡張性とパフォーマンスに加え、電力効率の高いMicrosemi SmartIOCの恩恵によりHBA 1000シリーズの16ポートモデルは、競合製品よりも平均で60%も低消費電力です。この特定の比較は様々な16ポートHBAコンフィギュレーションをもとにしています。 HBA 1000シリーズの16ポートモデルは11.45Wで、競合他社の16ポートHBAモデルは27.8Wです。

1台のシステム内でサポートされるHBAの数に制限はありますか?

レガシーBIOSは4枚までサポートし、UEFIでは最大64枚までサポートすることができす。

1枚の同じHBA上で6Gb/秒と12Gb/秒デバイスの混在をサポートしますか?

このHBAは6Gb/秒および12Gb/秒のSASデバイスの混在をサポートできますが、しかし最良の使用方法という観点からは、推奨される使い方ではありません。アプリケーションは論理的に同じようなパフォーマンス特性を持つデバイスをまとめてグループ化されていることを想定しているため、異なる速度のデバイスの混在は遅い方のターゲットデバイスの制限によるパフォーマンスの問題につながることがあるからです。

どのOSがサポートされていますか?

HBA1000は、これまで6Gb /秒SASのAdaptec 7Hシリーズでサポートされていたすべてオペレーティングシステムと互換性があります。最初のリリースではまずMicrosoft Windows、Red Hut、SuSE、VMware ESXi、UbuntuおよびCentOSがサポートされており、次のリリースではさらに多くのOSがサポートされます。ポートされている各OSのバージョンとドライバ情報の詳細はAdaptecのサポートページ、 start.adaptec.comをご覧ください。

HBA 1000シリーズにはどのような管理ユーティリティが付属していますか?

maxView Storage Manager-このウェブベースの管理ユーティリティは、暗号化された安全なコミュニケーションを使い、リモートでの管理、モニタリング、構築を実現します。また、SMI-Sを通じてサードパーティ製のクライアントにインテグレートします。

ARCCONF (Command Line Interface—CLI)— GUI が使用できない環境で、maxView Storage Manager と同じ機能を提供するテキストベースのコマンドラインインターフェイスです。

uEFI/HII サポート— HII (Human Interface Infrastructure)は、サードパーティ製のコンフィグレーションツールをマザーボードのシステムBIOSにインテグレートするのを可能にするAPIです。

BIOS configuration utility (ACU)— OSを起動せずに迅速で簡単なローカルのセットアップに使用します。

HBA 1000シリーズの保証期間は?

HBA1000年ファミリのすべての製品には材料または製造上の欠陥に対する3年間の保証がついています。購入日から2年間の無料のテクニカルサポートが提供されます。お客様はこの2年間は無料で技術サポートにコンタクトすることができます。

HBA 1000シリーズ はいつどこで購入できますか?

これらは多数のOEM製品としてはそのスケジュールが決定次第、また、2015年12月末からは全世界のMicrosemi Adaptecの代理店から購入できるようになります。販売代理店のリストは http://www.adaptec.com/en-us/wheretobuy/でご覧ください。.

アプリケーション

HBA 1000シリーズはどんなアプリケーションに最適ですか?またその理由は?

HBA 1000は、ホストとストレージデバイス間のパフォーマンスを制限しない一方で、「純粋な」接続性を提供するように設計されています。そのため、"付属品"的な意味合いとしてではなく、革新的なシステムの実現を促進します。今日の環境では、それは一般に、またはの様々なストレージデバイスへの接続を必要とする豊富なソフトウェア機能を備えた仮想化されたホストや、アプリケーションに最適化されたストレージサブシステムを意味します。

HBA 1000シリーズの互換性は?

HBA 1000は、SAS3.0とPCIe3.0の両方に準拠していますが、システムアプリケーションにおいては、複雑でユニークな製品の提供が可能となります。HBA 1000ファミリと検証済み製品のリストにつきましては www.adaptec.com/compatibilityをご覧ください。

このようにポート数が多いコンフィギュレーション用に何か特別なコネクタが必要ですか?

HBA 1000の12Gb/秒SASポートへ接続するのに特別なケーブルは必要ありません。HBA 1000のすべてのモデルは、SAS3.0規格コネクタに準拠しています。内部接続には、SFF8643コネクタを使用し、外部接続にはばSFF8644コネクタを使用し、これは総称として「HDミニ」SASコネクタと呼ばれています。Adaptec 8シリーズ RAIDアダプタとSmartRAID、SmartHBAで使用するケーブルはすべて、HBA1000と互換性があります。Adaptecのケーブルのリストは www.adaptec.com/cablesをご覧ください。

HBA 1000シリーズはLinux OSのインボックスドライバでサポートされていますか?

はい、HBA 1000シリーズはポピュラーなLinux OSにおいてインボックスでサポートされています。

HBA 1000シリーズで既存の6Gb/秒SATA SSDを使用するメリットはありますか?

HBA 1000の6Gb /秒SASへの下位互換性により、明らかに「Value」レベルのSATAインターフェイスSSDに接続することが可能です。Adatpec 82885Tと組み合わせれば、「エッジバッファリング」により、システムに接続可能になる6Gb/秒デバイスの接続数を倍にすることができます。BA 1000により追加デバイスのパフォーマンスをPCIeの限界性能まで、拡大することができます。

Products | Applications | Company | Careers| Investors | Survey | Privacy Policy | Terms & Conditions | Product Disclaimer | Terms of Use

Copyright © 20186 Microsemi Corporation. All rights reserved. The Microsemi logo is a registered trademark of Microsemi Corporation.