leftbar
leftbar
導入事例 

製品導入事例 
株式会社エーティーワークス様

AT Works

6Gb/秒 SAS/SATA RAIDアダプタ Adaptec 6Eシリーズをデータセンタ向けの最新省スペースサーバに導入

株式会社エーティーワークス社が自社開発した最新の省スペース&省電力サーバで6Gb/秒ハードウェアRAID機能を提供するために必要なRAIDアダプタとしてAdaptec 6Eシリーズを導入

はじめに

これまで専用サーバサービス向けや一般向けの各種サーバに3Gb/秒のAdaptec 5シリーズと2シリーズをご採用頂いたのに加え、今回新たに6Gb/秒SAS/SATA RAIDアダプタ Adaptec 6Eシリーズをご採用いただいた株式会社エーティーワークス様の事例をご紹介します。 株式会社エーティーワークス様は、ラックマウントサーバの開発・製造・販売はもとより、1996年9月に広告制作の株式会社リンクと業務提携を結び、at+link 専用サーバサービスをスタート。以来、専用サーバフィールドのコンセプトリーダー、プライスリーダとして着実に契約台数を伸ばし、at+link専用サーバサービスでは、実働約10,000台超のノードの運用管理を行っています。また、オープンソースをベースにしたファイアウォール、ロードバランサー、スパムメールフィルタ等のアプライアンス製品の開発や、プライベートクラウドソリューションの提供を通じ、従来のハードウェア製品に更なる価値を付加して提供しています。

今回「Adaptec RAID 6405E」を1/4Uサイズ省スペース&省電力サーバQuad Beagle ZG+にご採用いただいた経緯や、採用後の状況、今後のご要望等について、営業本部 営業部 部長兼プロダクトセールス課 課長の高瀬由照氏と、同じく営業本部プロダクトセールス課の茨木康之氏にお話を伺いました。

1/4Uの超省スペースサーバながらハードウェアRAID搭載が必要に

Quad Beagleシリーズは、1/4Uというサーバとしては超小型の筐体ながら、LANポートを複数搭載したり、管理用IPMIを標準搭載するなど、スペース効率を高めるだけでなく、他社1/4Uサーバにはない差別化された機能とパフォーマンスを提供しており、サーバの高密度化や冗長化、省電力化を進めるデータセンタ向けやアプライアンス向けとして好評を得ています。

Mr. Takase
営業本部 営業部 部長兼
プロダクトセールス課 課長
高瀬 由照氏

 

「最新のQuad Beagle ZG+はQuad Beagleシリーズとしては第3世代製品で、当社が独自開発したMini-ITX規格のサーバ専用マザーボードを搭載しています。 Intel® Core™ i7/i5 プロセッサーに対応しており、Quad Coreによる画期的なマルチコア・テクノロジでコンピュータの電力効率を最適化して低消費電力を提供しながらも、マルチコアによる高いパフォーマンスを提供します。IPMIは標準搭載で、前世代では3つだったギガビットイーサネットポートを4つに増やしてより冗長構成にし易くしたり、メモリも最大8GBまでだったものが16GBまで搭載可能になるなど、これまで好評だった機能はそのままに、更に弊社のお客様が必要とされる機能を追加・拡充した仕様になっています。特にこれまでの世代と比べて一番大きな違いは、RAIDカードを搭載できるようになったことです。これまでのモデルにおいてもお客様からRAID対応の要求があり、RAIDカード搭載の可能性を模索してきました。しかし、やはり1/4Uという狭い筐体内の物理スペースが制限となって実現できていませんでした。今回のZG+ではRAIDカードを搭載できるかどうかという点が大きなチャレンジでしたが、開発段階からRAIDカード搭載を意識して筐体内の部品配置を見直すことにより実現することができました。物理的にカードを筐体内に収められるだけでなく、限られたスペースであってもエアフローも考慮した設計になっています。」

「Quad Beagleを選択するお客様はSSDを選択される比率が高いのですが、SSDも6Gb/秒対応モデルになってきていることから、お客様はI/Oにも6Gb/秒のパフォーマンスを求められます。オンボードのSATA接続であれば6Gb/秒SSDも使用できるのですが、それではRAID構成の要求に対応できません。ZG+では、これまで採用してきたAdaptec 2シリーズを搭載できるようになったものの、それでは6Gb/秒のSSD接続時でも3Gb/秒のパフォーマンスしか提供できないという問題がありました。そこで今回は2シリーズの後継機種である6405Eを新たに採用することにより、お客様が6Gb/秒のドライブを選択いただければ、RAID構成でも6Gb/秒のパフォーマンスをフルで提供できるようになりました。」(高瀬氏)

6405EはZG+に高いパフォーマンスの6Gb/秒ハードウェアRAID機能を提供しただけでなく、一般的なMD2サイズよりも更に小さいカード外形によってサーバ筐体内部レイアウトに余裕をもたらしました。ロープロファイルMD2サイズのRAIDアダプタを組み込んだ場合に比べて、ドライブ接続用ケーブルをカードからドライブまでストレスなく引き回しできるようになり、同時に筐体内のエアフローも改善しています。「ピーエムシーさんからは、前世代のQuad Beagleシリーズでは、物理的な搭載スペースが問題でRAIDカード搭載できないという弊社からのフィードバックを6Eシリーズの開発に生かしたと、うかがいましたが、実際に組み込んであるのを見ると、6405EはZG+のような超省スペースサーバに最適なRAIDカードだと思いますね。」(高瀬氏)

6405e
Adaptec RAID 6405E(外形:64 x 130mm)

Mr. Ibaraki
営業本部
プロダクトセールス課
茨木 康之氏

「我々営業はユーザのお客様の前に立つポジションですので、お客様へのサポート提供のし易さという点を非常に重視しています。その点、6405Eに限らずアダプテックのRAIDカードは、万が一運用中のシステムでRAIDカードに関連する障害が発生した場合でも、support.zipのログファイルをもらえれば、どういったことが起きたのかほぼ把握することができますから、現場にいかなくても次の対処方法について的確にお客様にお伝えすることができます。RAIDの場合は、10回問題あれば10通りの現象があるように問題が複雑だったりしますから、迅速なサポートを提供する意味でこれは非常助かっています。弊社にもかなりのノウハウが蓄積されていると思いますが、それでも弊社だけで解決できそうにないようなケースや念のためにメーカさんへ確認するようなケースもあります。そういった時の技術的問い合わせに対するピーエムシー・シエラ・ジャパンからの回答も速いので、テクニカルサポート面についても非常に満足しています。また、ISPやホスティングのお客様の中にはDebianやFreeBSDなどRedHatやCentOS以外のオープンソースOSを使用されるお客様も多いのですが、アダプテックRAIDカードは、その辺のOSもきっちりとサポートしている点も継続して選択されるポイントになっていると思います。」

「6405E搭載のQuad Beagle ZG+はすでにat+linkが提供する専用サーバサービス用として使用されており、サービスインから6ヶ月以上経過していますが、ここまでこれといった問題は報告されておらず、安定稼働している状況です。そういった実績も考慮して、今回、弊社オンライショップで提供している一般のお客様向けのZG+についても6405Eによる6Gb/秒のRAID機能の提供を開始したというわけです。Quad Beagle ZG+以外にも1/2Uサイズのradserv®や1/2WサイズのStingrayといった他のラックマウントサーバ製品でも6405Eを採用しており、ホットスワップ付きでRAIDを必要とするお客様のご要望に対応しています。」(茨木氏)

Adaptec RAID 6405Eが選択可能な省スペースサーバQuad Beagle ZG+含む株式会社エーティーワークス様のラックマウントサーバの製品情報はこちらから:

A.T.WORKSラックマウントサーバラインナップ>>

Adaptec RAID 6405Eコントローラ製品ページ>>

pdf版:Adaptec 6Eシリーズデータシート>>

pdf版:Adaptec 6Eシリーズテクノロジ概要>>

pdf版:Adaptec 6Eシリーズ互換性レポート>>

「1/4Uの省スペースサーバにAdaptec RAID 6405Eを搭載できるようになったことにより、6Gb/秒SSDでRAID構成を必要とされるお客様に対し6Gb/秒のパフォーマンスをフルに提供できるようになりました。」

株式会社エーティーワークス 営業本部 営業部 部長兼プロダクトセールス課 課長 高瀬 由照氏


株式会社エーティーワークス様 プロフィール:

1994年 設立。創業時よりPC/AT互換機にPC-UNIX(Linux, FreeBSDなど)をプリインストールしたサーバ機器を販売。ラックマウントサーバの開発・製造・販売はもとより、1996年9月に広告制作の株式会社リンクと業務提携を結び、at+link 専用サーバサービスをスタート。以来、専用サーバフィールドのコンセプトリーダー、プライスリーダとして着実に契約台数を伸ばし、現在に至る。今日では、オープンソースをベースにしたファイアウォール、ロードバランサー、スパムメールフィルタ等のアプライアンス製品の開発や、プライベートクラウドソリューションの提供を通じ、従来のハードウェア製品に更なる価値を付加して提供している。

 

ウェブサイト:http://www.atworks.co.jp/


概要

課題

1/4Uサイズの省スペース&省電力サーバQuad Beagle ZG+に搭載可能な6Gb/秒対応ハードウェアRAIDコントローラが必要。

ソリューション

MD2より小さい64x130mm外形の6Gb/秒対応SAS/SATA RAIDアダプタAdaptec RAID 6405Eを搭載

結果

6405Eの採用によりQuad Beagle ZG+で6Gb/秒SSD使用時にパフォーマンスに妥協することなくハードウェアRAID構成が可能に。ドライブ接続用ケーブルのフォーミングストレスが緩和され、1/4U筐体内部のエアフローも改善。


  A.T. Works
blank


rightbar
rightbar